10/23 (sat) ~ 10/29 (fri)        10/23 三宅唱監督×柄本佑さん トークあり!

名もなき歌

[上映時間 ① 10:15]

 

[19/ペルー・スペイン・アメリカ/1時間37分/白黒]監督:メリーナ・レオン 出演:パメラ・メンドーサ、トミー・パラッガ、マイコル・エルナンデス

 

1988年、ペルー。貧しい先住民ヘオルヒナは無償の産院で出産した直後、その手に一度も我が子を抱くこともなく娘を奪われてしまう。彼女から事情を聞いた記者ペドロは事件を追い、国際的な乳児売買組織の闇に迫るが…。世界が絶賛!実際に起きた事件を基にしたモノクロームの美しき哀歌。

〜11/5(金)まで

【エリック・ロメール監督特集〈六つの教訓話〉】

[上映時間 ① 12:40|② 15:05]

※10/23(土)のみ ②15:35より

 

フランスの街角で男と女はすれ違う。ヴァカンスのひとときに、男は女に恋心を抱く。恋愛喜劇の巨匠エリック・ロメールが描く六つの恋の話──。初日各回上映後には三宅唱監督(『きみの鳥はうたえる』)と俳優・柄本佑さんをゲストに迎えてのスペシャルトークイベント開催! それぞれ大変な映画好きであるお二人による、ロメールから始まる映画談義。ぜひお楽しみに。お二人の監督・主演作『きみの鳥はうたえる』の特別上映も!〜10/29(金)まで

ケリー・ライカートの映画たち[上映時間 ① 17:30]※10/23(土)のみ 18:30より

 

デビュー以来、真にインディペンデントなスタイルを静かに貫き続ける現代アメリカの最重要作家ケリー・ライカート。A24が製作・配給を手がけ、オスカー候補の呼び声も高かった最新作『First Cow』公開を前に、彼女の傑作を一挙公開。アメリカン・ドリームが失われた世界にさすらう者たちの、ささやかな抵抗の軌跡。 〜10/29(金)まで

『リバー・オブ・グラス』[94/1時間16分]出演:リサ・ドナルドソン(リサ・ボウマン名義)

 

何もない郊外に暮らし、新しい人生を夢見る主婦コージー。故郷に戻ったライカートが、かつての思春期の自分に捧げた珠玉のデビュー作。

『オールド・ジョイ』

[06/1時間13分]  出演:ダニエル・ロンドン、ウィル・オールダム 音楽:ヨ・ラ・テンゴ、スモーキー・ホーメル

 

今は別の道を歩む旧友二人が温泉へと向かう…ただそれだけが心地良い、簡潔で美しい一篇の詩。

『ウェンディ&ルーシー』[08/1時間20分]   製作総指揮:トッド・ヘインズ 出演:ミシェル・ウィリアムズ、ウィル・パットン

 

無一文のウェンディは仕事を求め愛犬ルーシーと旅に出る。21世紀のニューシネマとも言うべき代表作。

『ミークス・カットオフ』[10/1時間43分] 出演:ミシェル・ウィリアムズ、ゾーイ・カザン、ポール・ダノ

 

アメリカの「神話」たる西部劇を、ライカートのオルタナティブな視点とスタイルによって生々しく再構築した歴史的一作。


殺人鬼から逃げる夜

[上映時間 ① 19:30]

※10/23(土)のみ20:10より

 

[21/韓国/1時間44分] 監督・脚本:クォン・オスン 出演:チン・ギジュ、ウィ・ハジュン

 

殺人衝動を抑えられないサイコパスの次のターゲットとなったのは、聴覚が不自由なギョンミだった。追いかけてくる犯人の足音も聞こえなければ、助けを呼ぶ言葉も届かない…彼女は知恵と視力、脚力を頼りに、連続殺人犯から逃げ切れるのか? 息を呑む緊張感と驚きにみちた傑作サイレントスリラー!

〜11/5(金)まで